予期せぬトラブルを回避するために走行前に確認しよう!タイヤの点検ポイント

タイヤ交換.com

タイヤの状態を確認する

タイヤの空気圧

タイヤの空気圧は走行する際の安全性や経済性を大きく左右してしまいます。もしタイヤの空気圧が不足してしまうと、地面への接地面が増えて安全性や安定性に影響を及ぼしつつ、燃費も悪くなってしまいます。そのため、タイヤの空気圧は定期的に点検しましょう。走行する前には、必ずタイヤの接地面のたわみ具合を目視で確認する癖をつけると良いですよ。

傷や亀裂の有無

タイヤに釘やガラス、金属片が刺さっていないかチェックしましょう。あわせて、亀裂の有無も確認することです。もし、コードに達している傷や亀裂があるタイヤは非常に危険となっているので、使用は厳禁です。なお、タイヤに何かしらの異変を感じる場合は、速やかに取り除いて修理や交換などを行なうのが重要です。

タイヤの溝の深さ

タイヤは溝の深さが1.6ミリ以下になると走行することは法律で禁じられています。スリップサインを確認することが出来るので、タイヤを使用してしばらく経過したらスリップサインを確認しましょう。この溝の深さが不足しているとスリップしやすくなって、悪天候の際は危険になります。そのため、なるべく早いタイヤの交換がおすすめになります。

偏摩擦の点検

偏摩擦とはタイヤの摩擦の種類で、タイヤをローテーションせずに使用したり、空気圧が低いと部分的に摩擦した状態になります。タイヤは装着位置によって摩擦の度合いに違いがあります。そのため、前後のローテーションをしっかりと行なって、摩擦度合いが均一になるように意識しましょう。

定期的にチェックをしよう

自動車のパーツの中で唯一地面に接しているのが、タイヤになります。いつでも安全に走行するためにも、適正な状態でないといけません。トラブルなどを避けるためにも、日々の走行前にチェックしたいポイントを見てみましょう。